SOLUTIONソリューション

従来見えていなかった
潜在層を
明らかにする事で、
適切なユーザー層
へのアプローチを実現

従来のマーケティングに対する考え方や認識
をアップデート、
これからのデジタルの世界に
対応したマーケティング施策を行うことで
企業のマーケティング効果の最大化を導きます。

現状

顧客・顕在顧客のみを分析

顕在顧客への遷移がボトルネック
になっている場合も多い
  • ブランディング

    「ブランディング = 認知獲得」という認識
  • 認知施策の評価

    リーチしたユーザーの量を指標とし、 ユーザーの質までは見れていない
  • ユーザーの態度変容

    デジタルの施策がリアルでの結果と結びつかない。CTR / CPCなどの指標でユーザーの興味度合いを図っている

刈り取り施策に集中した結果、
見込み顧客が先細り、
広告の投資対効果が悪化している

あるべき姿

ファネル全体を一括分析

全ファネルのユーザー像と態度変容を把握
潜在顧客・顕在顧客の態度変容も見える
  • ブランディング

    • 認知、そして認識/イメージの獲得
    • 購買への心理的障壁を下げる
    • 既存購買者への満足度を上げる
  • 認知施策の評価

    • リーチできた適切なユーザーの量
      (オンターゲット率)
    • 既存顧客と顕在顧客の分析から適切なユーザーの像を把握(ペルソナおよびセグメント)
  • ユーザーの態度変容

    • 成約や購入に至るまでの態度変容をAIがビックデータから補足
    • オフラインの行動データを取得し、デジタルマーケティングの影響を計測・分析が可能

全体のボトルネックの態度変容を
促進することで、
効率的に
顧客を増やす
ことができる